Browsing "ソーシャルリクルーティング"

500kmの旅。シリコンバレーで「ソーシャルリクルーティング」を考える。

500kmの旅。シリコンバレーで「ソーシャルリクルーティング」を考える。 「アジアは、10を100にする場所。」
「0から1を創るなら、シリコンバレー。」



2012年1月、三泊四日の短いスケジュールでしたが、garbsとしてシリコンバレーを視察しました。

今回はいつもと趣向を変えてシリコンバレーとソーシャルリクルーティングを通じた「職」に関して感じたことをまとめてみたいと思います。 (さらに…)

企業がソーシャルリクルーティングを始める前に!チェックしておきたい7つのポイント

企業がソーシャルリクルーティングを始める前に!チェックしておきたい7つのポイント 2011年の採用活動では、ソーシャルリクルーティングが一種のバズワードになっている。人事採用担当者の関心も高まっており、実際にその手法や事例などを調べている方も多くなっている。

ただし、ソーシャルリクルーティングは、採用活動における一種の手段に過ぎない。

最大の効果を発揮させるためには、計画的な戦略をもって取り組む必要がある。 (さらに…)

日本のソーシャルリクルーティングの歴史が一目でわかる!インフォグラフィック!

日本のソーシャルリクルーティングの歴史が一目でわかる!インフォグラフィック! 国内でも少しずつ認知度を高めつつある「ソーシャルリクルーティング」という採用手法ですが、海外ではすでに2007年から一般化し活用されています。

LinkedInは約10年前の2002年から、プロフェッショナルネットワーキングサービスとして開始していますし、2009年にはアメリカの企業の68%がすでにソーシャルリクルーティングを行っていました。

今回は、ソーシャルリクルーティングに関する国内外の情報をインフォグラフィックとしてまとめました。 (さらに…)

LinkedIn・Facebook採用が騒がれる中、ソーシャルリクルーティングは人材紹介や求人広告を脅かす存在なのか?

LinkedIn・Facebook採用が騒がれる中、ソーシャルリクルーティングは人材紹介や求人広告を脅かす存在なのか? 「ソーシャルリクルーティングによって、人材紹介、求人広告サービス、人材派遣、ヘッドハンターなどの既存人材ビジネスは影響を受ける。」

今後の人材ビジネスをこのように予測する人がいます。また、一部の人材ビジネスの現場の方からも、業界が再編するのでは、人材サービスが縮小するのではという声も聞かれるようになりました。

当ブログにも、「LinkedInやその他のSNSを活用したソーシャルリクルーティングが主流になると、これまでの人材紹介や広告はどうなってしまうの?」というような質問をいただくこともあります。 (さらに…)

本当にソーシャルリクルーティングはコスト削減につながるのか?費用対効果を考える

本当にソーシャルリクルーティングはコスト削減につながるのか?費用対効果を考える 「ソーシャルリクルーティングはコスト削減に効果あり」は本当か?

日本の企業が、ソーシャルメディアを活用した採用をはじめる理由として、

「採用コストの削減」がよく挙げられます。

一般の採用メディアへの出稿には相応の広告費が必要になりますし、人材エージェントを通じての人材採用にも多額の人材紹介手数料を支払う必要があります。一方ソーシャルリクルーティングであれば、こうしたコストを削減できるというイメージがあります。 (さらに…)

転職と武士道!?「​デジタルネイティブ世​代×ソーシャル」は日​本の就業観を変えるの​か?

転職と武士道!?「​デジタルネイティブ世​代×ソーシャル」は日​本の就業観を変えるの​か? 日米の職業観の違いとソーシャルリクルーティング

日本と欧米で文化が大きく異なるものの1つに「就業観」があります。

日本の場合は、基本的には1つの会社でなるべく長く勤め、同じ会社の中で経験を積み、会社に貢献していこうとすることが一般的です。もし転職したいと思った場合でも、周囲のメンバーに気を使い、人目につかないように転職活動をすることなります。いわば集団をベースにした職業観といえます。 (さらに…)

■ライター

Main Writer
株式会社grooves
池見 幸浩
Yukihiro Ikemi

■Social Link

facebook
「いいね!」お待ちしています!
twitter
「follow」お待ちしています!
RSS
RSS登録お待ちしています!
Google+ページ
Google+ページ作成しました!