Browsing "ソーシャルリクルーティング"

LINE@を企業採用に使ってみよう!PRページとタイムラインで簡単求人

LINE@を企業採用に使ってみよう!PRページとタイムラインで簡単求人 今や日本国内の4,500万人以上が利用しているLINE。日本の総人口が1億2,700万人ですから、国民の35% が利用していることになります。特に、10代、20代、30代にとってはなくてはならないコミュニケーション手段になっています。

LINEには、実店舗を持つリテーラー、飲食店、サービス業に向けたLINE@というサービスがあります。

今回は、このLINE@を採用に利用するという視点からLINE@の使いどころを紹介したいと思います。
(さらに…)

起業家・投資家向けLinkedIn?「AngelList」とソーシャルリクルーティングの関係まとめ

起業家・投資家向けLinkedIn?「AngelList」とソーシャルリクルーティングの関係まとめ 今、アメリカの起業家や投資家の間で注目されているのが
「AngelList (エンジェルリスト)」です。

「AngelList」は、起業家とエンジェル投資家をつなげるSNS(※)です。今回はこの「AngelList」とソーシャルリクルーティングの関係に関してまとめます。

※エンジェル(投資家):創業間もない企業に対し資金を供給する富裕な個人
(さらに…)

ソーシャルリクルーティングなCEO5人をピックアップ!エンプロイヤープランディング成功の鍵はコレ!

ソーシャルリクルーティングなCEO5人をピックアップ!エンプロイヤープランディング成功の鍵はコレ! 企業の採用活動において、ソーシャルメディアというチャンネルを活用することは、もはや当たり前になりつつあります。

そして、ソーシャルメディアで発信する情報をつきつめていくと、単なる採用情報を超えて、会社の文化や労働環境、人材をアピールすることにつきるのではないかと考えています。

なお、会社が従業員に提供している文化や労働環境については、「エンプロイヤ−ブランディング」として、本ブログでも何度か取り上げています。


[参考] 「エンプロイヤ−ブランディング」に関する記事

エンプロイヤーブランディングを考えるにあたって、会社の経営陣の存在がとても重要です。そこで今回は、会社の文化という点、人材アピールという点の両方の側面を持つ「CEOのソーシャルメディア活用」について、以下の記事を参考にしながら、まとめてみたいと思います。
(さらに…)

祝!「ソーシャルリクルーティングの世界」ブログ2周年!この2年の業界における動向&今後の市場の動きまとめ

祝!「ソーシャルリクルーティングの世界」ブログ2周年!この2年の業界における動向&今後の市場の動きまとめ 2013年6月6日で、当ブログ「ソーシャルリクルーティングの世界」はおかげさまで2周年を迎えることができました。改めましてご愛読いただきました皆様、ありがとうございます。

2年前の6月6日に初めて当ブログに投稿した、
「ソーシャルリクルーティングとは?」 

を改めて読んでみると、当時まだまだ「Social Recruiting」という用語の定義すら世界的に確立していなかったことがわかります。しかし、この2年でSNSを活用した採用手法であるソーシャルリクルーティングという用語自体の認知度は格段にアップしたことを実感します。

今回は、簡潔にこの2年の業界における動向とこれからの市場の動きについてまとめます。

(さらに…)

2013年「ソーシャルリクルーティング」の動向予測!注目したい新たなトレンドはこの3つ!

2013年「ソーシャルリクルーティング」の動向予測!注目したい新たなトレンドはこの3つ! 新年あけましておめでとうございます。

新年第1回目の記事である今回は、昨年初めに公開した記事『2012年「ソーシャルリクルーティング」の動向予測!注目したいキーワードはこの3つ!』の内容を振り返り、実際の動向と比較して評価し、2013年にそのトレンドはどうなるのかを予測します。そこからさらに、2013年の新たなトレンドとなるキーワードを探ってみましょう。


2012年の予測はほぼ的中!2013年も拡大する

さて、2012年の予測としては、以下の4つを指摘しました。




1. ビジネス目的のソーシャルメディア活用の浸透
2. ソーシャルメディアの使い分けが一般化
3. 可能性が広がるソーシャルリクルーティング
4. 増大する人事業務と高度化する採用業務


(さらに…)

悲劇の内定辞退!ソーシャルメディアは防止策となるか?活用事例を考えてみた

悲劇の内定辞退!ソーシャルメディアは防止策となるか?活用事例を考えてみた 10月1日に「内定式」を開催した企業も多いのではないでしょうか。しかし、内定式を終えたからと言って、安心できるものでもありません。内定者が入社前に心変わりをして「内定辞退」をする可能性もあるからです。

先日、以下のような面白採用を行なっている会社がありました。



「いきなり採用」http://applica.co.jp/internship/


これは、他社の内定を持っている2013年新卒者が応募すれば、途中の選考処理をスキップして最終面接である代表面接に進めるという採用方式です。 (さらに…)

■ライター

Main Writer
株式会社grooves
池見 幸浩
Yukihiro Ikemi

■Social Link

facebook
「いいね!」お待ちしています!
twitter
「follow」お待ちしています!
RSS
RSS登録お待ちしています!
Google+ページ
Google+ページ作成しました!