Browsing "ソーシャルメディア"

複数人でソーシャルメディア運用をしている企業には魅力的!Hootsuiteプロ版を徹底解説

複数人でソーシャルメディア運用をしている企業には魅力的!Hootsuiteプロ版を徹底解説 前回のはHootSuiteの基礎編として「無料版でもこんなに高機能!ソーシャルメディア運用ツール「HootSuite」機能・特徴まとめ」で、無料版のHootSuiteで利用できる機能や特徴について解説しました。

ダッシュボード画面から、Twitter、Facebook、Google+、LinkedIn、mixiなど、複数のソーシャルメディアのアカウント管理や予約投稿などが利用できることがわかったと思います。 (さらに…)

無料版でもこんなに高機能!ソーシャルメディア運用ツール「HootSuite」機能・特徴まとめ

無料版でもこんなに高機能!ソーシャルメディア運用ツール「HootSuite」機能・特徴まとめ HootSuite(http://hootsuite.com/dashboard)は、ソーシャルメディアの運用ツールとして、海外でも国内でも最も人気の高いツールの一つです。HootSuiteは、無料でも利用できますが、有料版では解析ツールなど高度な機能を利用することができます。

無料バージョンでも、複数のソーシャルメディアアカウントの運用をするための十分な機能が備わっています。HootSuiteでは、ダッシュボードと呼ばれる画面から、複数のソーシャルメディアの情報を確認できるだけでなく、投稿や返信などの各種操作も行えます。
(さらに…)

なぜ世のITエンジニア向けの求人は、こんなにもイケてないのか。「エンジニアが応募したくなる求人票の作り方」

なぜ世のITエンジニア向けの求人は、こんなにもイケてないのか。「エンジニアが応募したくなる求人票の作り方」 当ブログを運営している株式会社garbsでは、「Forkwell」というITエンジニア&Webクリエイター向けLinkedInのようなソーシャルコミュニティサイトを運営していまして、その「Forkwell」の公式ブログ(表参道フォークウヱル別館)で先日、こんな記事をアップいたしました。




■「エンジニアが応募したくなる求人票の作り方」

求人票を作る際に「応募を検討しているエンジニアは何を知りたいと考え、何を重視しているのか」という視点を取り入れるだけで、反響は全然違ってくるはずです。そのためには、現場のエンジニアの協力を仰ぐことが大事で、それを厭って人事担当だけで作成してしまうと、残念な求人票がまたひとつ世の中に増えるという結果になってしまいます。
(さらに…)

キャラクターマーケティングをお考えの方へ!りくるちゃん1周年記念企画☆コミュニティマネージャー「りくるちゃん」の顔ができるまでw

キャラクターマーケティングをお考えの方へ!りくるちゃん1周年記念企画☆コミュニティマネージャー「りくるちゃん」の顔ができるまでw いつも皆さまとのコミュニケーションを担当している「ソーシャルリクルーティングの世界」ブログの広報担当のりくるちゃん。

ソーシャルメディアを通して読者の皆様とより深くコミュニケーションしたいという思いから、ブログをオープンした1ヶ月後の2011年7月7日にりくるちゃんが初めて登場しました。実はブログをオープンした当時は、まだ存在していなかったのです。

今回は、りくるちゃん誕生一周年記念ということで楽しい企画ができないかと考えまして・・・特別企画として、 (さらに…)

ソーシャルメディア先進国:アメリカ企業で88%増の募集職種!求められる資質と、気になる給与

ソーシャルメディア先進国:アメリカ企業で88%増の募集職種!求められる資質と、気になる給与 先日、ソーシャルメディアの運用担当者である「コミュニティマネージャー」について取り上げました。

ソーシャルメディア上でのコミュニケーションの重要性、情報発信の重要性については、ソーシャルメディアを運用したことのある人にとっては、十分に認識されていることでしょう。そして、ソーシャルメディアの理解は運用担当者だけではなく、人事担当者などにも求められるようになっています。

今回は、さらに進んでコミュニティマネージャ以外のソーシャルメディア職について紹介していきたいと思います。 (さらに…)

採用試験時に取り入れたい!従業員によるソーシャルメディア炎上、予兆診断テスト5例題

採用試験時に取り入れたい!従業員によるソーシャルメディア炎上、予兆診断テスト5例題 従業員のソーシャルメディア利用を発端にして、炎上してしまう事例がしばしば話題になります。

多くの場合、従業員は自分の発言が注目されることを想定せず、友達に話すように気軽に情報を発信してしまうことが原因になっているようです。

企業としては、こうした炎上事件を防ぐために、ソーシャルメディア利用のガイドラインを用意し、また従業員に教育を行うといった対策が必要になります。 (さらに…)

■ライター

Main Writer
株式会社grooves
池見 幸浩
Yukihiro Ikemi

■Social Link

facebook
「いいね!」お待ちしています!
twitter
「follow」お待ちしています!
RSS
RSS登録お待ちしています!
Google+ページ
Google+ページ作成しました!