いよいよ本格スタート!「2013年度の採用活動」はどうなる?企業のユニークな取組みと戦略を探る

2011/11/29    カテゴリー: 事例紹介(海外・国内)



いよいよ本格スタート!「2013年度の採用活動」はどうなる?企業のユニークな取組みと戦略を探る

経団連の「採用選考に関する企業の倫理憲章」の改訂により、学生がより学業に専念できるような採用活動を行うことが企業に求められた。

これにより、2013年度の採用における企業の会社説明会/採用説明会などは例年より2ヶ月遅い12月1日から開始となり、実質的な選考活動は4月1日からとなる。

よって、企業の説明会は、12月〜3月に集中することになりそうだ。さらに、倫理憲章の趣旨を受け、学業の妨げになる平日よりも土日に説明会を開催する企業が増えると予測される。企業にとっては優秀な人材にどうアプローチするかが今年の採用活動においての課題になっている。

例えば、コーセーでは選考開始前の説明会の1日の開催回数を増加させるなど、採用活動の効率化をはかっている。そのために採用担当者を例年よりも倍増させるといった対策をしている。

こうした背景の中で、企業が独自の採用戦略を打ち出している。今回は、12月の採用活動スタートを前に、各社のユニークな取組みを硬軟交えて紹介するとともに、Facebookを始めとしたソーシャルメディアの活用についても考えてみたい。

優秀な人材にアピールする!おもしろ採用あれこれ

では、2013年の採用活動に向けた企業の採用活動の取り組みを押さえておこう。

■年3回の選考:ネスレ日本

ネスレ日本は、「ネスレパス」という新しい採用方式を開始する。

この採用方式では、選考時期を年3回とし、環境に応じた応募ができるという。さらに、年齢、学歴、国籍の対象を広げ、多様な経歴を持つ人材の獲得を目指している。

ネスレ日本

via http://www.nestle.co.jp/Recruit/newgraduates/Pages/newgraduates.aspx

■マンガで会社をアピール:プラチナゲームズ

プラチナゲームズでは、インターンとして同社に入ったゲームデザイナーの奮闘を描く「炎のインターン! ~白金芸夢の挑戦~」を公開している。

新卒採用案内のコンテンツとして公開されているが、実名で登場する社長、取締役を始め、ディレクターなどの社員も皆、キワモノぞろい・・・。ゲーム業界のおもしろさ、創造性をアピールしているようだ。

現在は前編まで公開されているが、12月1日後編を公開予定だという。

プラチナゲームズ

via http://www.platinumgames.co.jp/recruit/

■セミナー合宿:NEC

NECでは、営業職とSE職の就職希望者に向けた一泊二日のセミナーを開催する。

同社の採用案内ページの紹介によれば、「2日間のグループワークを通じて、クラウド時代のソリューションビジネスに必要な、本質を的確に見極める力、自らビジネスを創出する力を身に付けるためのセミナー」だという。

NEC

via http://nec-recruiting.com/2013/recruit/event.html

■節就宣言:カヤック

面白法人という名の通り、常に変わった活動をしているカヤックの今年の新卒採用もユニークだ。

その名も節電宣言ならぬ「節就宣言」で、学生の就職活動のための無駄を省くというもので、志望動機だけで、合格率を判定する。合格の可能性が高ければ応募するもよし、低ければあきらめて他を当たるもよし。もちろん、合格可能性が低くても応募可能であるし、その後の面接次第では合格する場合もある。

他にも「オマケ」として、顔判定、Facebook判定など、一風変わった参考情報も用意されている。

カヤック

via http://www.kayac.com/recruit/sesshu/

■起業家採用:トレンダーズ

トレンダーズは、2013年度新卒採用において「アントレプレナー(起業家)枠」を用意している。

具体的には、学生時代に起業していた実績がある学生は、役員面接から選考をスタートする。面接では、ビジネスモデルの説明などをするという。

トレンダーズ

via http://www.trenders.co.jp/recruit/

■初任給1000万円、1500万円:グリー、DeNA

ソーシャルゲームGreeを展開するグリーとモバゲーを展開するDeNA。

両社とも好調な業績の上、急速に拡大するスマートフォン市場を見据え優秀な人材獲得を目指している。

DeNAは新卒採用のエンジニアの初任給の年俸を能力に応じて600万〜1000万円にすることを発表した。

DeNA

via http://dena.jp/recruit/students/recruitinginfo/Engineer2013.html

 

一方グリーはさらに上をいく420万円~1500万円という条件を提示している。

グリー

via http://www.gree.co.jp/recruit/graduate/process.html

■新卒一括採用からの脱却:ユニクロ

2013年度以降新入社員の採用活動の方針として、ユニクロが新卒一括採用を見直す検討をしていることを発表した。

『ユニクロ、新卒一括採用を見直しへ 大学1年で採用も』
http://www.asahi.com/business/update/1118/TKY201111180631.html

記事によれば、ユニクロでは、年1回の新卒者採用から、学年を問わない通年採用を検討しているという。ということは、1年、2年の時点で採用を決め、残りの在学期間はアルバイトなどで業務に携わり、卒業と同時に社員として採用されるということもありえるということだ。早期に採用が決まった学生は、就職を気にせず学業に専念できるというメリットがある。

ある意味、究極の青田買いである。ただ、学生のほうも採用が決まった後に、就職感が変わる場合もあれば、企業が経営方針転換をはかったり、経済情勢が大きく変わることもあるため、早期に内定を出した学生の就職率というのは不確かだ。

Facebook採用も注目

例年よりも採用活動が短期決戦となり、各社とも効果的に自社の業務や文化を学生にアピールするための工夫をしている。その一つがソーシャルメディアを使った情報発信と学生とのコミュニケーションだ。

今すぐ参考にしたい!国内企業の採用Facebookページデザイン50選!
今すぐ参考にしたい!国内企業の採用Facebookページデザイン50選!

上記の記事でも紹介したように、多くの企業が12月前からFacebookページを運用し、学生とのコミュニケーションを図っている。

ちなみに、この「ソーシャルリクルーティングの世界」ブログを運営するgarbsの親会社であるgroovesもFacebookページで採用活動をしている。Facebookのよいところは、コンテンツを自由に作成し、自社の熱い思いをありったけアピールできることだと改めて感じている。Facebookページを使った呼びかけを受け一人でも多くの求職者と会えることを願っている。

grooves採用

もちろん、Facebookページの運用は12月以降からでも遅くはない。

「Facebookはよくわからないけれど、自社のことをアピールするために運用したい」という人事担当者の方がいれば、ぜひ以下のシリーズを参考に採用のためのFacebookページを準備してみてはいかがだろうか。

まとめ:さまざまな採用活動に

紹介したように、倫理憲章の改訂を受けて大きな影響を受ける2013年新卒採用であるが、各社とも様々な取り組みを発表している。

当ブログでも、ソーシャルリクルーティングをはじめとして、参考になる事例を今後も積極的に紹介していく予定である。

Forkwell
▼ブログの更新情報はコチラから
facebook
twitter
RSS

関連記事

■ライター

Main Writer
株式会社grooves
池見 幸浩
Yukihiro Ikemi

■Social Link

facebook
「いいね!」お待ちしています!
twitter
「follow」お待ちしています!
RSS
RSS登録お待ちしています!
Google+ページ
Google+ページ作成しました!