採用だけにとどまらない!世界の【法人向け】ソーシャルリクルーティングサービス8個まとめ

2011/07/14    カテゴリー: アプリ・サービス


 
世界の法人向けソーシャルリクルーティングサービス

新定番はどれだ!世界が注目するソーシャルリクルーティングサービス8選」では、「求職者向けのSNSを活用した転職活動サービス」をまとめて紹介しました。

 

今回は、企業が採用活動において活用できるソーシャルリクルーティングと連携したサービスやシステムを中心に紹介します。

続かない社員、変わらない雇用形態

■社員が辞めていく会社の損害:1,000万円以上!?

様々な算出方法がある前提で、自社で採用した新卒が3年以内で退職した場合に、企業の損害額は1,000万円以上とも言われています(参考:「若者はなぜ3年で辞めるのか?年功序列が奪う日本の未来」)。

もちろん会社規模や、業種、業務内容などにより、その額は変動するでしょうし、健全な離職、やむを得ないリストラ等もあるでしょう。しかし、やはり想定外の退職は一定のコストや、損害を企業は持たざるを得ないのです。この問題は会社の経営者、人事担当者にとっては切実です。

■フリーランスでは食べていけない!?

2002年に「フリーエージェント社会の到来」が発売されてから、次世代のワークスタイルの一つとして、常勤労働者ではなく、フリーランスを始めとした様々な雇用形態での就業を促進する流れが日本にも到来しました。また、企業も流動的な雇用形態を推奨するようになりました。

しかし、その後不景気による派遣労働者の解雇(いわゆる派遣切り)などが社会問題になり、常勤形態での就職を目指す求職者が多くなりました。

実は、アメリカでも実態はあまり変わりません。「クリエイティブ資本論」によれば、実質のフリーエージェントとして働く就業者の数は増えておらず、経済成長の鍵といわれる「クリエイティブクラス」と呼ばれる労働者層も、ほとんどが常勤労働者とのことです。

もちろん、ITなどの先進的な業界と、技能を重んじる業界との差異などはあるものの、相対的にみて、企業はご縁があって採用した人を定着させたい、求職者は安定した職を得たいと考えています。しかしそれと同時に企業は新規採用を控え、若い社員は離職率が高いという皮肉な状況に陥っています。

採用を超えた人事管理の複合サービスへ

よって企業の採用活動、社員の人事管理は、早急に解決すべき経営課題として認識されています。そこで注目されているのが、なのです。

は、SNSを利用した採用活動を指しますが、実は世界の企業向けのサービスを俯瞰してみると、すでに「採用領域」のみならず、採用後の教育、研修、適正配属、労務、業績管理、各種評価制度等々「入社後のパフォーマンスを最大化するための複合サービス」、「タレントマネジメントサービス」として進化していることがわかります。

結論から言えば、も、企業活動の最終的なゴールである収益を最大化させるための手法でなくてはなりません。

そのためには、まずSNSのソーシャルグラフやインタレストグラフ、アカウント情報を利用して、効率よく企業と求職者/候補者が出会えることを目指します。

さらに、就職が決まり入社したあとも、価値ある配属や、教育研修、目標、フォロー、福利厚生、ワークスタイル調整などを行い、その人の可能性を最大限に引き出すためにのサービスは活用されるようになってきています。

以降では、人事管理にまつわる複合的なサービスを含め、世界の法人向けソーシャルリクルーティングサービスを紹介します。

世界の法人向けソーシャルリクルーティングサービス

SilkRoad Technology

SilkRoad-Technology 世界50カ国、2,000社以上の導入実績を持つ人事管理サービス。採用管理、採用プロセス管理面では、ソーシャルリクルーティング機能にも注力しています。シンガポール航空、ソニー・ピクチャーズ、スターバックス、三菱自動車など多岐に渡る大手顧客を保有しています。1,500ユーザーで600万円程度という料金体系で大手向きサービスが主力となりますが、今後の中小規模向けサービスへの展開にも期待です。

Taleo

Taleo 1996年設立で、上場(NASDAQ:TLEO)しており、従業員は1,000人を超えているタレントマネジメント領域での大手のひとつです。上記のSilkRoad同様に、大手企業向けサービスがメインで、大量採用向けソーシャルリクルーティングサービスなどの特色ある機能なども展開しています。アメリカのみならず世界中の大手企業が活用していますが、やはり中小企業向けのサービス拡充に期待です。

SuccessFactors

SuccessFactors “Business Execution Software”というキャッチコピーで、一連のタレントマネジメントサービスに加え、目標管理、360度評価や、分析、報告機能などにより、ビジネスパフォーマンスを意識したサービスラインナップです。従業員1,000人を超えるタレントマネジメントサービス業界での大企業の一つです。

Jobvite

Jobvite かなり早い段階から、ソーシャルメディアを活用したオンライン求人サービスを展開するソーシャルリクルーティング&CRM企業です。2008年には、Yahoo!HotJobsの技術担当責任者がCEOに就任しました。Facebook、Twitter、LinekdinなどのSNSにも対応し、Zappos等のネームバリューある企業への導入も意欲的に進めており、ヨーロッバでの導入も盛んです。

Work4Labs

Work4Labs Work for usというFacebookページ向けの求人掲載アプリを運営する企業です。主にアメリカと、フランスを主とした各国でサービスを拡大しており、アクセンチュア、ディズニー、マンパワー等々の大手企業への導入実績があります。元々フランスでMultipostingという各種媒体に求人を一括掲載できるサービスを展開していた企業が母体で、すでにたくさん存在する各オンライン求人サービスに求人を掲載するノウハウも保有しているため、今後どのような展開をするか期待です。

Jobmagic

Jobmagic 派遣会社、人材紹介会社向けの各種SNSへの求人投稿サービスです。最近では、イギリスで上場し、35年以上の歴史をもち、40カ国以上、3,500社以上、100,000以上のユーザーを有する人材管理ソフトウェア・サービスを提供するBond International Softwareとの業務提携なども発表し、アメリカのみならずEU諸国での展開が期待です。

Jobscore

Jobscore 自社サイトに簡単に求人を掲載できる求人掲載サービスです。またMonsterや、CareerBuilderなどのオンライン求人媒体サイトにワンクリックで求人を掲載できるほか、どの媒体から応募されたかなどのトラッキング機能などがあります。さらにSNSを活用した従業員紹介制度などの機能も拡充中です。シンプルなインターフェーズで手軽に始められます。従業員は10人以下のベンチャーですが、今後の飛躍に期待です。

Social Recruiter

Social-Recruiter 企業向けのソーシャルリクルーティング活用コンサルティングサービスです。ソーシャルリクルーティングの考え方や取り組み、担当者のトレーニング、イベントの企画・運営など主にオフラインのサービスを提供しています。インターネットサービスではありませんが、ソーシャルリクルーティングの啓蒙や教育は、今後日本でも必要な分野です。

日本でもサービスが拡充する

日本の採用、研修、評価等一連の人事労務の仕組みは、海外と比べると、かなりの独自性があります。また、文化や言語等の違いもあるため、上記のサービスをそのまま転用できないことも多々あります。

しかし、少しずつ日本語対応のサービスも増え始めており、国内代理店としての販売店も増加することが予想されています。もちろん、国内発のサービスも誕生するでしょう。

今後、国内企業がソーシャルリクルーティングを活用する環境が整い始めることで、冒頭に述べたような採用・人事の課題が解決され、求職者、求人企業共により良い未来へのきっかけが増えていけば幸いです。

Forkwell
▼ブログの更新情報はコチラから
facebook
twitter
RSS

関連記事

■ライター

Main Writer
株式会社grooves
池見 幸浩
Yukihiro Ikemi

■Social Link

facebook
「いいね!」お待ちしています!
twitter
「follow」お待ちしています!
RSS
RSS登録お待ちしています!
Google+ページ
Google+ページ作成しました!