あのサービスは今!先進的で話題だったソーシャルリクルーティング系サービス【まとめ】

2013/12/20    カテゴリー: ソーシャルリクルーティング




2011年夏、本ブログでは採用や人事管理に関連するサービス8つを以下の記事で取り上げました。

「採用だけにとどまらない!世界の【法人向け】ソーシャルリクルーティングサービス8個まとめ」
http://www.social-recruiting.jp/archives/468

この記事では、採用した人材が流入した場合の損失を踏まえ、企業がどうやって優秀な人材を確保していくか、さらには人材を定着させていくかが課題であることを紹介しています。

この課題は2013年現在も課題である一方で、クラウドソーシングによる人材確保やリモートによる人材管理を容易にするサービスも登場することで、より流動的な人材管理やビッグデータ解析による人材の配置、パフォーマンス管理などもトレンドになりつつあります。

2011年に先端的なサービスを提供していた8社が現在どのように進化したのか、あるいはサービスが縮小したのかを見ながら、現在の採用や人材管理の動向をみてみたいと思います。

SilkRoad Technology

SilkRoad Technology

http://www.silkroad.com/

SilkRoad Technologyは、人材採用、人材開発(教育、パフォーマンス管理)、グローバル人材管理、ソーシャルコラボレーションなど、それぞれの分野に特化したサービス展開をしています。

日本では、メガネJINSやリコーITソリューションズへの導入を行っています。

Taleo

Taleo

http://www.oracle.com/us/products/applications/taleo/overview/index.html

タレントマネジメント領域での大手Taleoは、Oracleが買収しました。Oracle Taleo Cloud Serviceとなり、採用管理、パフォーマンス管理から教育、ソーシャルタレント管理などをクラウドサービスで提供しています。

SuccessFactors

SuccessFactors

http://www.successfactors.com/en_us.html

一連のタレントマネジメントサービスに加え、ビジネスパフォーマンスを意識したサービスラインナップをSaaSで提供していたSuccessFactorsは、2012年2月にSAPが買収しました。SAPのクラウドサービスの中核に位置づけられ、存在感を示しています。

以前はエンタープライズクラスへのサービス提供が主流でしたが、中小企業向けのサービスも展開しています。

Jobvite

Jobvite

http://recruiting.jobvite.com/

ソーシャルWebを活用した採用プラットフォームとして、応募者トラッキング、リクルータCRM、ソーシャルリクルーティングソフトウェアを提供しています。

新しくビデオインタビューを実施するためのツールを用意するなど、順調です。

Work4Labs

http://www.work4labs.com/

Work for usというFacebookページ向けの求人掲載アプリを提供していましたが、より適切な人材が見つけられるような強化がされている他、FacebookやLinkedIn、Twitterを活用したリファーラルプログラムなども展開しています。

Jobmagic

Jobmagic

http://social.icims.com/

Jobmagicは2012年9月にSaaSでタレント管理ソフトウェアを提供するiCIMSに買収されました。iCIMS Social Distributionは、FacebookやLinkedInだけでなく業界に特化したソーシャルメディアなども含め300以上のサイトに求人募集を投稿できます。また、従業員によるリファーラルプログラムも用意されています。

Jobscore

Jobscore

http://www.jobscore.com/

ワンクリックで複数の求人サイトに求人を投稿できるという機能は変わらずです。応募者の管理やサイトごとの成功率のトラッキングなどをできるダッシュボードが充実しています。

Social Recruiter

Social Recruiterは企業向けのソーシャルリクルーティング活用コンサルティングサービスを提供していた企業ですが、2013年11月現在はWebサイトがなくなっています。ソーシャルメディアを使った採用活動が普及し、役割を終えたのかもしれません。

[まとめ] 高度化する人事業務の中で多機能化

タレントマネジメント系サービスは、大手企業による買収が繰り広げられたたため、紹介したサービスのうち2つが大手企業のサービスの一部となっていました。買収後は重要なサービスとして展開されています。

また、2013年は動画を活用した面談効率化のサービスからオンラインで学習できるMOOCのようなサービスが飛躍した1年でもありました。

これらのように各領域で発展した各サービスは2014年に向けて一連の人事業務ともいえるタレントマネジメント(※)としてより一層連携し、複合的なサービスとして進化していくになるでしょう。

※人材マネジメント協会SHRMによる「タレントマネジメント」の定義

「人材の採用、選抜、適材適所、リーダーの育成・開発、評価、報酬、後継者養成等の人材マネジメントのプロセス改善を通して、職場の生産性を改善し、必要なスキルを持つ人材の意欲を増進させ、現在と将来のビジネスニーズの違いを見極め、優秀人材の維持、能力開発を統合的、戦略的に進める取り組みやシステムデザインを導入すること。」

Forkwell
▼ブログの更新情報はコチラから
facebook
twitter
RSS

関連記事

■ライター

Main Writer
株式会社grooves
池見 幸浩
Yukihiro Ikemi

■Social Link

facebook
「いいね!」お待ちしています!
twitter
「follow」お待ちしています!
RSS
RSS登録お待ちしています!
Google+ページ
Google+ページ作成しました!