ソーシャルリクルーティングなCEO5人をピックアップ!エンプロイヤープランディング成功の鍵はコレ!



ソーシャルリクルーティングなCEO5人!

企業の採用活動において、ソーシャルメディアというチャンネルを活用することは、もはや当たり前になりつつあります。

そして、ソーシャルメディアで発信する情報をつきつめていくと、単なる採用情報を超えて、会社の文化や労働環境、人材をアピールすることにつきるのではないかと考えています。

なお、会社が従業員に提供している文化や労働環境については、「エンプロイヤ−ブランディング」として、本ブログでも何度か取り上げています。

[参考] 「エンプロイヤ−ブランディング」に関する記事

エンプロイヤーブランディングを考えるにあたって、会社の経営陣の存在がとても重要です。そこで今回は、会社の文化という点、人材アピールという点の両方の側面を持つ「CEOのソーシャルメディア活用」について、以下の記事を参考にしながら、まとめてみたいと思います。

Top 10 Social Recruiting CEOs
http://www.smartrecruiters.com/blog/top-10-social-recruiting-ceos/

CEO = コーヒチェーン店というブランディング

Biggby Coffee」というコーヒチェーンのCEOのBob Fish。

本人がブログを更新したり、起業家むけの情報発信をしています。さらには、YouTubeにチャンネルを持ち、Twitterでは、顧客に返信やRTをするなど、ソーシャルメディアを使ったコミュニケーションを積極に行なっています。

発信内容からCEOのBobがコーヒーが大好きで、自分の店が提供するコーヒー文化を自信を持っていることがうかがえます。アカウント名は常にbiggbybob(社名+本人のファーストネーム)。CEO自身が会社のまさに「顔」となるという好例です。

Biggby Coffee

従業員のソーシャルメディア活用を推進する

BranchOut」は、Facebookの中でプロフェッショナルなネットワークを作れるサービスです。

「BranchOut」のCEO、Rick Mariniは採用活動において、ソーシャルメディアを使ってビジネス上のコネクションを拡大したり、信頼を得ることは当たり前のことになっているとしています。

BranchOut

その上でさらに、以下のように述べています。

CEOはソーシャルメディアを使って優秀な人材を引き込むだけでなく、自社のブランドを確立するためにも必要なものである。優秀なCEOは、すばらしい企業は透明性を受け入れ、従業員に「公開」で投稿をすることを推奨するべきと理解している。こうした活動によって、最高の人材を得られるだけでなく、会社の文化に加わりたいと思う他の優秀な人材も増やすことができるからだ。

自分だけでなく、CEOが従業員にも積極的な投稿を推奨するような文化を作ることは、会社のブランディングとして、とても重要になっていきます。

Quoraで自身が積極的に回答

Goood Job」は、リファーラルプログラムを提供するサービスです。

CEOのAssaf Eisensteinは、プロフェッショナル向けのQ&Aサイトである「Quora」でリファーラルやソーシャルリクルーティングに関連する質問に対して積極的に回答()しています。

Goood Job

プロフェッショナルが集まり、積極的な情報交換やディスカッションが行われている「Quora」を使ったブランディング手法は参考になります。特にB向けのサービスでは、このトピックに興味のある人や調べている人に気づいてもらうために、労力を惜しまず回答をすることは、大きな宣伝効果にもなります。

日常的にツイートしてビジネスの展開を知らせる

Elon Muskは、「SpaceX」の創業者であり、「Tesla Motors」と「Pay Pal」の共同創業者でもあります。

彼は、Twitterで自分のビジネスについてツイートしています。そのツイート一つで株価が上がることもあるほどです。Elon Muskは、今日の生活者や採用の応募者にとって透明性というのがどれだけ重要かを認識しており、事業の進捗や最新情報を毎日ツイートしています。

日本では、Twitterでの失言をピックアップされたり、炎上につながったりすることがあるので、日常的にツイートするのを怖いと感じる経営者もいるでしょう。しかし「透明性」の実現を考えた時に、Twitterを有効活用することで採用にもつなげることができます。

ブログメディアがそのまま採用プラットフォームに

Pete Cashmoreは、「Mashable」の創業者でCEOでもあります。

「Mashable」は、ソーシャルメディアに関連した情報のブログメディアであり、ブログメディアとして最も成功しているものの一つです。

Cashmoreは「複雑なアイデアを、わかりやすく書けるライターが必要で、深い知識と高い言語能力を併せ持つライターを採用する」としています。

これらの条件を満たす人はどこにいるでしょうか?もちろんMashableを読んでいるということが重要です。Mashableには、ジョブボードがあり、他社も含めソーシャルメディアに関連するような求人情報を定期的に掲載しています。それとは別に、記事の末尾にMashableの求人情報を掲載したり、募集する記事を掲載することもあります。

メディアが育つことで、メディアそのものがソーシャルメディアに特化した採用のプラットフォームに成長し、自社以外の求人情報を掲載し収益化するというところまで到達した稀有な例です。

以下は2007年4月に投稿されたライター募集の記事。印象的なのは、なんとこの記事のソーシャル上のシェアがゼロなことです。

当時は、Mashableが今ほど有名ではなかったこともあるでしょうが、ユーザーがソーシャルメディア上で求人情報をシェアするという行為も一般的ではなかったのでしょう。実際、記事の中で「応募メールのタイトルは『Mashableライター』にしてね!そうすれば見逃さないからね!」という、今にして思えばアナログな依頼も書いてあります。

Mashable

[まとめ] CEO自身が発信する時代に

企業が公式アカウントを作成して運用するのが当たり前になった今、企業文化や従業員をアピールするために経営者の情報発信力も求められるようになっています。

もちろん、経営者以外のビジネスパーソンにとっても、ソーシャルメディア上でセルフブランディングすると同時に、活用する上でプライバシーやセキュリティの知識やスキルを持つことは今後のキャリア形成でも重要になりつつあります。

[参考]
もう避けられない!ソーシャル時代のキャリアアップとセルフブランディング。鍵となるのは◯◯!

これからの時代は、SNS上に自身のアバターとも言えるバーチャルな自分を確立することで、効率的なネットワーキング形成やコミュニケーションを実行し、一人では解決できない、経験できない、知ることができないことを学ぶことができます。そして自らも効率的且つ継続的学習により、そのコミュニティに対して何かしら貢献ができるようになることが求められる時代になります。

ぜひ紹介したような有名な経営者はもちろん、国内でもソーシャルメディア上でブランディングを確立している経営者の姿から、自身で活用できるこれからのセルフブランディング手法を学び役立てていきましょう。

Forkwell
▼ブログの更新情報はコチラから
facebook
twitter
RSS

関連記事

■ライター

Main Writer
株式会社grooves
池見 幸浩
Yukihiro Ikemi

■Social Link

facebook
「いいね!」お待ちしています!
twitter
「follow」お待ちしています!
RSS
RSS登録お待ちしています!
Google+ページ
Google+ページ作成しました!